力強い製造業

派遣やアルバイトで募集している製造業の仕事の内容は、精密機器などを組み立てる部品の作成をしたり、不良品などが入っていないかどうかを確認する検品などの作業が中心です。部品に因んだ作業は引越しなどの体力を要する業務ではないので、座りながらでも部品を作っていける事が特徴で、一般的な大人であれば一定の研修期間で作業を覚えられます。
製造業の仕事は基本的に販売の仕事とは違って、常時お客様と接客する仕事は殆ど無いが、集中しながら地道に物を作っていく事が好きな人に向いています。作業の効率化の為に他の作業員と協調性を持つ事が大切で、コミュニケーションが取れる社員を積極的に採用する傾向です。良質な製品を作る為には自分だけの判断で進行しないで、他の人のアドバイスを聞き入れたり、製造業の仕事に関して協調性を持ちながら向上心を持つ意識を持てる人が責任者として相応しいです。
企業によっては派遣やアルバイトなどの非正規社員の形態で雇用されても、勤務に関する実績が優秀な場合はラインを統括する正社員などの責任のある業務に就く事も可能です。正社員として就業する場合、製品に関する開発などの業務に携わったり、働いている人を管理する上の立場として活躍する見込みが大きくなる傾向です。

続きを読む≫ 2016/01/07 20:14:07 r2db

社会人生活初めての職場は、「鉄」そのものを製造する企業だった。
就職した当初は、自分が関わることにより出来上がっていく鉄が、いったい何に使われているのかさえ知らなかったし、また考えたこともなかった。
ある日、ふと先輩社員の方と話をしているときに、新車を購入しようとしている、という話題に。
どこのメーカーのどの車がいいだとか、燃費がどうとか、色がどうとか…。
そんな話をしているうちに、先輩がふと
「ここのメーカーはうちの鉄を使っている」
というような事を口にしたのだ。
ここでいう「うち」とはもちろん自分が就職した企業のことで、世にたくさん出回っている車に使われているメインとなるボディが、自分が製造に携わっている鉄だということを知ったとき、妙にうれしくなった。

 

他にこんな話もあった。
まだ記憶に残っている人も多いかと思うが、スマトラ島沖地震、が発生したときのこと。
インドネシアのスマトラ島が地震やそれによる津波によって、大変な災害を被った。
家屋は半壊し、人々は住むところもなく路上で寝食をしていると。
そして国だったか、どこかの国際的な団体だったかは伏せておくが、そんなスマトラ島の人々のために建設する仮設住宅のために利用することにしたのが、自身が務める企業の鉄ということだった。
なんでも鉄を加工してトタン風にし、少し丈夫な仮説住宅を建てるとのこと。
世界のどこかで困っている人たちのためになるであろう、大元の素材を作るのに自分が携わっているんだと実感したとき、初めて社会人としての責任と誇りが持てた。

続きを読む≫ 2015/09/04 15:53:04 r2db

一言で製造業といっても食品加工やテレビやパソコンなどの部品組立などがあります。中でも最も稼げるのが自動車製造です。自動車製造は時給1200円や1400円以上稼げる工場もありますし、日給9000円以上と高収入を稼げます。
自動車製造は一見すると専門的なスキルが必要で難しく感じもしますが、ロボットが行う工程も多く、作業はほとんどマニュアル化されているので、自動車製造未経験者でも働けます。具体的には電動ドライバーなどを使い、取り付けや組み立てが主な仕事です。
最近は、女性が多数活躍している自動車製造工場も多く、働きやすい環境を提供しています。例えば、家具家電付きの寮が用意されていたり、バイクや車通勤OK、工場によっては食事補助がありますし、正社員を目指しながら働ける工場もあります。
自動車製造は高収入を稼ぎやすい、また、待遇も良いので人気のある求人だと分かります。ほとんどの工場は交代制勤務となるので、他の職種と比べるとハードな印象を受けますが、残業や深夜手当てもしっかりつきますし、各種手当てを含めると月収30万円以上稼げます。
がっつり稼ぎたい方、物つくりが好きな方、淡々と作業をこなすのが好きな方に製造業は向いているのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/08/21 15:08:21 r2db

みなさんの中にもこれまでに製造業に就職しようと思った事がある人は多いと思います。
特に最近は、製造求人が増えているようですからね。
ですが、その際にひとつ注意すべき点があります。

 

それは一体何かというと、製造業というのは大手以外で就職すると景気の影響をモロに受けてせっかく就職できたと思ってもいつリストラの対象になるか分からないというのがあるからです。

 

ですから、これまで製造業に就職したいと思っていたという人で製造業ならどこの会社に就職しても大差がないと思っていたなら実際はそういう事はないという事を知って欲しいと思います。

 

もちろん、例外もあっていくら大手の製造業に就職できても景気がものすごい落ち込めば
大手の製造業でもリストラはあり得ます。

 

そういう景気の動向によってリストラという話が割りとで安いのが製造業という事はこれから製造業に就こうと思っている人は覚悟して欲しいと思います。

 

ですが、その反面製造業でしっかり技術を身に着けた人ならいくら景気が悪くなっても
それだけ優秀な技術者なら会社としても簡単に手放す事はないので製造業に就職しようと思うなら自分がどれだけ高い技術を身に着ける事ができるかに掛かっていると言っても過言ではないです。

 

それで製造業で安定的に働く事も可能になります。

続きを読む≫ 2015/08/07 15:06:07 r2db

世の中には、さまざまなジャンルの仕事があります。注目を集めるようになっている仕事の1つに、製造業という業界の仕事があります。若い世代の間で人気が高い仕事としては、IT関連の仕事が挙げられますが、ものづくりに携わる製造業に関心を持つ人も増えてきているのです。製造業には、IT業界などにはない独特の魅力があるので、その魅力を知るようにすることが大切です。
製造業では、さまざまな商品を作ることに従事します。商品によって、作ることの難しさには大きな違いがあるため、同じ製造業でも、苦労の度合いが異なることは多いです。製造業に携わる人の多くは、子供の頃からよく使っていたものや、自分の身近にあるものを作りたいと考えたりします。どのような商品を作るにしても、真剣な気持ちで臨むことが求められます。
製造業という業界は、自分のスキルアップを実感しやすいという特徴があります。最初のうちは、誰でもスムーズにものを作ることはできませんが、毎日しっかりと作業を続けていくと、少しずつできることが増えていくのです。スキルアップしていることが分かると、自然とモチベーションが高まるようになり、更なる飛躍につながっていきます。このことが、製造業の最大の魅力です。

続きを読む≫ 2015/08/02 15:03:02 r2db

業務上は顧客様の窓口と生産管理に営業事務と、製造業を担う会社の事務的な位置付けで約10年間働いておりましたが、
納期遅延が人数不足によって起きる事が大きく予測されると判断される場合は私も製造ラインに入り作業員のサポートに回る事もありました。
その中でも大変な事が良品と不良品を分けて良品だけを出荷に回し、不良品は再処理に回す選別と呼ばれる作業です。
特にこの選別と呼ばれる作業は顧客様に納品された物の中からメッキが施されていなかった物や不十分だった物が見つかった時に発生し、
作業のやり方が確立され顧客様も納得してくれるまでの間は続け無ければならなく、その上でも対象となる物の数も基本的には1000〜10000以上の数と
多い数の物を確認しなければならない事が傾向として強かったです。
そして何が大変かと言うと、それらの数を一個一個見て分けて見て分けての繰り返しなので、とにかく眼が疲れますし、この作業が入った時はまず定時で作業が終了できる事なんてありません。
また、バラバラと箱に入れるだけで済むものであれば、まだ良いのですが、顧客様やメーカーの指定で梱包をしなければならないと、さらに作業工数が増える為に時間も比例して伸びる為に、会社で夕食を済ませるなんて事もざらにありました。

続きを読む≫ 2015/08/01 15:52:01 r2db

私たちの国は敗戦国として、一時はかなりの酷い扱いを受けていました。
しかし私たち国民は、それでも諦める事なく、敗戦国からの復活を誓って頑張って来たのです。
そのおかげで我が国は、今や世界の先進国と肩を並べるほどの経済大国と成れました。
経済大国と成れた原動力となったのが、製造業だと言えます。
物を作り、それを売る事で、私たち国は現在の様な経済大国となったのです。
かつて我が国の製造業は外国の技術の真似をしていましたが、それが徐々に独自の技術を開発するようになりました。
その技術が世界に認められるようになり、国内の製造業が世界で名をはせる事となったのです。
しかし一時は世界でもトップクラスの技術を有していたのにもかかわらず、今では世界の他の国に押され、国内の製造業は力を失いかけています。
良い物を作っていれば物は売れると思って頑張っていた物の、それだけでは物が売れなくなってしまったのです。
今では世界の価格競争の波にもまれてしまい、製造業は沈みかけた船のようになってしまって居るのです。
しかしかつて敗戦から製造業のおかげでココまでの大国にのし上がったのですから、再び製造業が我が国をけん引して、盛り立てて欲しいと思います。
消えかかった製造業の灯を、再び赤々と燃え上がらせる日が来る事を、私は信じています。

続きを読む≫ 2015/07/30 15:36:30 r2db

1つの物を沢山作り出すのが製造業である。
ほとんどがオートメーション化している事が多いが、そんな中でもまだまだ人の手や目が必要な状況というのは多い。
そんな製造に関わる人は配属される部署や配置によって行う作業は一連の物になる事が多い。
物を作り上げるまでいくつもの工程を経た上で完成するのだが、工程によっては同じ作業の繰り返しを必要とされる事もある。
それ故に出来る様になってしまえば、単純な作業の繰り返しになってしまう。
しかし、色々と把握して分かってくると今まで見えていなかった部分も見えてきます。それは些細な違いです。
同じ物を作り続けていても、僅かに異なる部分が分かってくるのです。
そうやって分かってくると良品であるか不良品であるかの判断が行えるようになります。
製造業では不良品を世の中に出す事はNGです。
なので品質には十分に注意をしています。
当然、消費する方はダメな物を購入させられたと思い同じ物を買わなくなってしまう上に、作ったところは不良品を売っていると思われるからです。
ですから製造業は短調で単純な作業を行っているように見えて、しっかりと不良品を出さないようにしている面もあります。
これはどの様な製造業においても同じ事が言えます。
ただただ何かを作るのが好きだからというだけでなく、そういった心構えも必要となってくるとこを知ってもらえると作った人達も頑張った甲斐があると思ってくれるでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/29 19:41:29 r2db